So-net無料ブログ作成

昭和の車 9 スカイライン2 [旧車]

スカイラインといえば、私の記憶の中では3代目です。

ハコスカという愛称で呼ばれますが(多分、当時はハコスカなんて呼んでいなかったのでは?、4代目のケンメリが発売された時に3代目を呼ぶときに使われたのが最初じゃないかなと思うのですが)、その中でも1969年(昭和44年)にS20型エンジン(2000CC、DOHC)を搭載して発売された、GTRが強烈な印象を与えてくれました。

プリンスが日産と合併し、直6のL20型エンジンが搭載され、プリンスらしさを感じなくなっていた時期でしたので、スカイラインが蘇ったという感じがしました。

その後のモータースポーツ界での活躍は凄まじいものでしたし、当時150万円以上したと思いますが、「いつかは買いたい!」という魅力ある車でした。

その後、ケンメリやジャパン等など、スカイラインの歴史は続きますが、R32の登場までスカイラインらしいスカイラインは出てこなかったと思います。

それというのも、やはりスカイラインの魅力はGTRに他ならないからでしょう(ケンメリ時代のGTRはあまりにも短命で論外)。

GTRの存在こそが、スカイラインの魅力なんですから。それにしても、ハコスカを超えるスカイラインは未だに現れませんね!

写真はGTXです。

Skyline2000gt-x.jpg

僅か数百台しか製造されなかったケンメリスカイラインです。

GT-RC110.jpg

ケンメリといえばブルーのイメージなんですが、真っ赤なGTRもカッコ良いですね。

純正のタイヤは鉄チンに扁平率70だったと思いますが、オーバーフェンダーの内側にカワイク収まっている姿は妙な感じです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。